大工の夫が造った最悪な我が家

アクセスカウンタ

zoom RSS ハウスメーカーの下請け時代は伝言ゲーム

<<   作成日時 : 2007/05/29 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、前回は我が家はバランスが悪い
というお話でした。
少し、ブログのタイトルから離れた話になりますが、
今日は、下請け時代のお話。
私は、5年前まで1年間の仕事の90%くらい下請けの
仕事をしていました。
それも、下請けの下請けの下請けの下請けです。
ハウスメーカーからその物件の全てを請け負う
それぞれの地区の大手工務店、それからそれを工事ごとに請け負う
工務店、そして職人を探すブローカー以下続く・・・。
そんなシステムで工事が進みます。
お客さんの要望を私た職人にいかにうまく伝えるかが勝負です。
ものすごい高価な伝言ゲームです。
私に仕事をくれていた監督さんは、とてもその能力に優れていたので
お客さんの思うとおりの家ができ何事もなかったのですが。
最悪な営業さんと監督さんに当たると、必ずお客さんが
現場に怒鳴り込んできます。本当に最悪なのですが、
一番かわいそうなのは、お客さんです。
割と本人たちは、気にしていません。
気にしていたら仕事が取れないのでしょう。
基本プランであれば、分厚い仕様書をすみからすみまで
職人さんは、まじめな方が多いので読んでいますので、
大丈夫です。私も読んでいました。
割と分かりやすく書いてあります。
問題は、オプションです。特別な要望は、特に危険ですので、
気をつけてください。
伝言ゲームのお話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハウスメーカーの下請け時代は伝言ゲーム 大工の夫が造った最悪な我が家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる